ペニトリンマックスFAQ

ペニブースト(PENI BOOST)は危険な副作用が?全成分から検証!

更新日:

成分解説
サプリメントを飲む際に心配な副作用。

増大効果には定評があるペニブースト(PENI BOOST)だけに、その安全性を確かめて安心して飲み続けたいものですよね?

有効成分から添加物まで、ペニブースト(PENI BOOST)に含まれる全成分を徹底解説!その安全性について検証いたします!!

>>公式・Amazon・楽天の価格比較

ペニブースト(PENI BOOST)の全成分の効果・役割を解説!

ペニブースト(PENI BOOST)にどんな成分が、何故入っていて、どんな効果を発揮するのか確かめておきましょう。

効果・役割
L-アルギニン 血流改善・血管拡張効果のよる勃起力向上
L-シトルリン 血管拡張効果による勃起力向上及びペニスサイズ増大
亜鉛 男性ホルモンの合成を促す事により精力・勃起力向上
ポリフェノール 血流改善による勃起力向上
カルシウム 5mgのみ含まれており、成分としての意味はほとんどなし
結晶セルロース サプリ化に必要な成分
二酸化ケイ素 サプリ化に必要な成分
トンカットアリ 東南アジアで天然のバイアグラと珍重される男性ホルモンの合成を促す植物
プロポリス抽出物 健康増進効果があり、ペニブースト(PENI BOOST)では体の活性化を狙い配合

ペニブースト(PENI BOOST)はL-アルギニン、L-シトルリン、トンカットアリを主原料とした成分であり、ペニスサイズ増大および勃起力向上効果が期待できるサプリということが分かりますね。

ペニブースト(PENI BOOST)の全成分の危険性を解説!

それぞれの成分に危険性はないのか、詳しく見ていきましょう。

評価基準

◯:副作用の危険性が高い
△:過剰摂取で副作用の可能性あり
×:副作用の心配なし
危険度 副作用
L-アルギニン 腹痛や下痢、肝臓や腎臓に負担
L-シトルリン × 難病指定のシトルリン血症発症者は注意が必要
亜鉛 頭痛、発熱、嘔吐、倦怠感、脱水症状、腎臓障害
ポリフェノール × なし
カルシウム 高カルシウム血症による、腹痛、頻尿、頭痛、食欲低下、、嘔吐、倦怠感
結晶セルロース × なし
二酸化ケイ素 × なし
トンカットアリ アレルギー、胃痛
プロポリス抽出物 アレルギー、便秘、下痢

ペニブースト(PENI BOOST)で起こるかもしれない副作用は?

ペニブースト(PENI BOOST)は栄養補給により健康を維持するためのサプリですが、過剰摂取は体に毒です。1日2粒が上限に定められているので、しっかりと許容摂取量を守って飲むようにすれば副作用はありません。

L-アルギニン、L-シトルリン、トンカットアリの過剰摂取の目安

L-アルギニン、L-シトルリン、トンカットアリの1日上限摂取量等は、厚生労働省のガイドラインでは示されていませんが、一般的に言われている摂取量目安と上限摂取量は以下の通りです。

  • L-アルギニンの1日の摂取量目安:2~5g
  • L-アルギニンの1日の上限摂取量:9g
  • L-シトルリンの1日の摂取量目安:800mg
  • L-シトルリンの1日の上限摂取量:特になし
  • トンカットアリの1日の摂取量目安:特にないが、濃縮であれば50㎎~150㎎が一般的
  • トンカットアリの1日の上限摂取量:特になし

>>公式・Amazon・楽天の価格比較

-ペニトリンマックスFAQ

Copyright© 増大効果なし?ペニブースト(PENI BOOST)のガチ口コミ! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.